社会人として日々考える

終わりなき日常を生きる。これでいいのかと思いつつも年を重ねています。

検査結果が

Written By: hiro39planning55 - 5月• 15•12

今日健康診断の再検査で見つかった大腸の腫瘍についての説明がありました。その結果、腫瘍は良性であることが判明し、聞いた瞬間はほっとしました。

しかし、腫瘍がポリープよりも大きく、やはり切除は必要だという事で、手術は受けることにしました。簡単な手術でできるようで入院は二日間です。その後は通院する予定になりました。

入院当日から腸内の洗浄に入るので、何も食べることはできません。手術前日は夜は飲み物も不可になるようで、空腹感と戦うことになりました。

しかし、今後のためです。もし、腫瘍を放っておくと癌に発展する可能性があるので、医師にも切除を勧められたのです。ここは医師に任せるしかないので、いい方法で治療をお願いしました。

会社に戻り、検査結果を社長に報告すると、安心してくれたようで笑顔が見れました。一時期はほんとに深刻で、この先どうなるかを考えていたところだったので、少しでもよい報告ができてよかったです。

入院して腫瘍摘出手術を受けることは変わりませんが、悪性腫瘍ではなかったことが何より気持ち的に楽になったのです。

腫瘍があると聞いた時には本当にびっくりで、まさかとは思っていました。自分が加入している生命保険の担当者にも早めに連絡していたので、手元には癌治療での生命保険の申請証書があり、一通り目を通していたところです。

検査結果を電話で報告したら、担当者も明るい声になり、喜んでくれました。保険金を使わなくて済むからかもしれないけど、今後の保険の見直しも考えていてくれたらしく、今日自分のところに来てくれました。

身近な人にはほんとに迷惑かけたけど、腫瘍が悪性ではなかったことに対しては、自分が一番安心しました。今後はちょっと生活習慣を変えていかないとなりません。

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can leave a response, or trackback from your own site.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>