社会人として日々考える

終わりなき日常を生きる。これでいいのかと思いつつも年を重ねています。

自転車の走行場所

Written By: hiro39planning55 - 2月• 05•13

少し前に自転車の走行場所について取り上げられたニュースが多く目につきました。

自転車は原則車道を走るのが法律上で定められているのだとか。確かに、人が歩くべき場所の歩道で自転車がスピードを出していたら危険ですし、ベルを鳴らされる徒歩側は気分もよくありません。

しかし、自転車レーンもなく、幅も広くない道路で、自転車が車道を走ることも危険だと私は感じます。実際、車に乗っていて車道を走る自転車はとても邪魔になる。とくに広くない道では対向車がくれば追い抜くこともできず、自転車の速度に合わせてゆっくりになるしかできず苛立ちも覚えてしまうほど。運転中に苛立ちなんてしてはいけないのだが、心理的にどうしても仕方ないかとは思えない部分があるのです。

歩道・車道のある道路全てに自転車レーンを作ることはできない現状で、自転車は車道を走れとただ法を突きつけるのはいかがなものかと常々思っています。自転車をのる人からしても真横を車がスピードを出して走っていくのは怖いものだと思う。

自転車のマナーがあまりよくないのは車を運転していても感じることは多々ある。信号無視、無理な横断、携帯をいじりながら運転。しかし走行場所はマナーを守っているからといって解決できる問題ではないはずです。

理想は自転車レーンの普及かもしれない。けれどもそれは難しい。

しかしニュースで取り上げられてから車道を走る自転車が増えたと感じています。

自転車を乗る人たちは道の幅や車の混雑状況などを見て、車道と歩道を使い分ければいいのではないかというのが個人的意見です。

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can leave a response, or trackback from your own site.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>