社会人として日々考える

終わりなき日常を生きる。これでいいのかと思いつつも年を重ねています。

目覚まし時計

Written By: hiro39planning55 - 6月• 25•12

ラジコンの早朝練習を始めるに当たり、目覚まし時計を新しく購入しました。以前のものは壊れてしまい、ベルが鳴らないことが多く、よく寝坊していました。

そこで、新しい目覚まし時計を購入し、試しに朝4時50分にセットしたら見事に起床できました。

その日はラジコンを事前に車に積んであったので、5時前には自宅を出て飛行場に向かうことができました。

現地に到着し、フライト準備をしようと思った時、東の空には太陽が出始めているところで、日の出を見ることもできたのです。

フライト準備ができ、2年ぶりの早朝練習でドキドキしていました。ホバリングで機体の調子をみていたら、突然コントロール不能になり、地面に激突。墜落はしなかったものの、なぜか操縦していない舵が入り、強制着陸になってしまい、スキッドと呼ばれる足が欠損しました。

原因不明でこのような事態になり、大慌てで帰宅準備。頭の中では機体の損傷で修理費用と操縦不能の原因が駆け巡りました。

その日、帰宅してから原因を突き止めるため、機体のメカ配線を徹底的にメンテナンスを試みました。

電圧レギュレーターや、アンテナの配線など考えられる部分はシールドをして、受信機の位置を変更したり、普段はここまで見ないというところまで徹底的に追及。

しかし、これと言っておかしな部分が無く、受信機のバッテリも十分あり、機械的に操縦不能になるような要素がありませんでした。

この場合は、ラジコン店に問い合わせをしてみて、そのような事例があるかを確認してヒントをもらうしかない。次の日にラジコン店に聞いてみることにして、そのまま放置状態です。

原因の追究は面白いけど、このようなことが続くとちょっと気が重たい。

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can leave a response, or trackback from your own site.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>