社会人として日々考える

終わりなき日常を生きる。これでいいのかと思いつつも年を重ねています。

フライト

Written By: hiro39planning55 - 6月• 20•12

今日は朝から飛行場へ行きました。午前10時過ぎに着きましたが、風が穏やかでフライト日和には間違いありませんでした。しかし、太陽の位置が問題で、これから夏場にかけては太陽の位置が上になり、飛ばすコースにちょうどかかり、見えなくなるのです。

太陽がちょうどいい位置になるころは、お昼頃になるのでその時間までは時間つぶしで機体のメンテナンスをします。

昼過ぎには太陽が気にならなくなり、フライトに入ろうかと準備をしていたら、突然風が強くなってきました。先ほどまでとは大違いの状況にちょっと戸惑いますが、自然現象なので仕方ないです。

バッテリーの充電状況を見ると、99%でフライト可能になっています。早速機体に装着し、フライトに入りました。

バッテリーをつなぎ、ホバリングでの演技。その後上空飛行でスタントモードに切り替えたのですが、何やらおかしな挙動をしたので、すぐに着陸態勢に入れました。

テールのコントロールがおかしいと思っていたら、クルっと1回転をして操縦困難になったのです。危険だと思い、オートローテーションで着陸させ点検したら、テールローターをコントロールするピッチアームが折れていました。

これではラダーが効き難く、まっすぐに飛んでくれません。機体がななめを向きながら直線飛行した原因がこれになります。

テールの部分を分解し、部品を探しましたが、残念ながら持ち合わせが無くフライト中止になりました。平日の夜は忙しくてメンテナンスができないのが現状。こういったトラブルが未然に防げないところが残念です。

フライトする前日は機体のチェックを徹底的にしたいと思います。少しでも不安なところがあるとフライトどころか、その日一日が勿体無いのです。メンテナンスは大事です。

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can leave a response, or trackback from your own site.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>