社会人として日々考える

終わりなき日常を生きる。これでいいのかと思いつつも年を重ねています。

今日の仕事

Written By: hiro39planning55 - 6月• 17•12

今日はホンダ軽自動車「ライフ」の車検整備をしていました。軽自動車ですが、年間走行距離が約2万キロです。商用自動車なのでこれくらいは当たり前になりますが、交換部品がたくさんあります。

ブレーキパットが残り約4ミリで、次の車検が来る前に交換になるので、交換しておきます。ファンベルトやクーラーベルトも細かい亀裂があったり緩んでいたので交換。その他、点火プラグも電極が減っていたので、交換しました。

車検整備では、交換しなければならない部品を交換しますが、その時にはお客さんに連絡を取り、了解を得てから作業を開始します。

部品を交換する時の注意点では、その時に要交換の部品と、今現在は交換しなくても大丈夫だけど、後2,3カ月後には交換しないといけない場合があります。

その時に交換しなくてもいいけど、すぐに交換が必要になる場合の整備は「予防整備」と言われています。

この予防整備は、お客さんと相談の上決めますが、仕方がないと思って交換をしてくれるお客さんと、その時にまた交換するから、今回は交換しないでほしい。というお客さんがいます。

交換して車の調子が維持できるのに、残念だと思う場面が多々ありますが、それは仕方のない事です。誰だって余分な出費は嫌ですから。しかし、悪い部品は交換しなければよくなりませんので、ある程度の出費は仕方がないのです。

特にブレーキ関係はお客さんの命を預かる部分ですし、部品の値段も1万円ほどですから、交換します。そうすれば安全に乗ることができるので整備をした方も安心できます。

車検はお金がかかると思われがちですが、諸経費は国に治める税金です。しかも、車検を受けるという事は、安全性を買うという事です。その辺をもう少し理解してほしいと思います。

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can leave a response, or trackback from your own site.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>