社会人として日々考える

終わりなき日常を生きる。これでいいのかと思いつつも年を重ねています。

パラリンピック開催

Written By: hiro39planning55 - 3月• 08•14

今日からソチで開催される冬季パラリンピックがスタートしました。

初日から日本人も金メダルや銅メダルを獲得して幸先が良いですね。ニュースで競技をいくつか見ていましたけど、障害者とはとても思えないですよね。

両足がない選手が、とんでもないスピードで雪道を滑走していったりするんですよ。健常者であってもできることではありません。

こうしたものを見ていると、本当に健常者とか障害者とかっていう隔たりではなく、自分自身に挑戦するかしないかっていうものだということを思い知らせれます。五体満足の健常者である私ですが、パラリンピックにでている選手のように何かに一生懸命になることも胸を張って生きているといえることもないような気がします。

パラリンピックはオリンピックに比べてしまえば参加者も競技も少ないかもしれませんが、同じ国を代表してスポーツをしているというのは代わりません。選手の能力が同じようになるために競技のクラスが細分化されているので、同じ競技でも金メダルがたくさんでてしまうということがあったりするようですが、熱い想いはなんらかわりないですから、もう少しパラリンピックの競技の中継や放送をテレビでするようにするといいような気がしますね。

他の障害者からしても、同じ障害を持つ人たちが頑張っている姿をみることは励みになるのではないでしょうか。私たちからしても認知度の低いパラリンピックや障害者への対応をもうすこし考えさせられる場になるはずだと思います。

 

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.